So-net無料ブログ作成
検索選択

清風亭で刀はふりまわさいように。 [幕末]

「龍馬伝」を見て、これは完全フィクションだ、と思えば面白い。ただ、

【このドラマはフィクションです。実在した坂本龍馬とはなんの関係もありません。】

と、NHKの皆様、テロップをお願いします。

 

さて、「清風亭の対決」だが、確かに緊迫感があって面白かったが、話が唐突なので、

ここへの持っていき方が強引すぎる。

歴史の流れに疎い方ほど感動したらしいが、わしは好かんぜよ。あんな極道のような描き方は!

 

ここが変だよ、龍馬伝。やってみます。

まず、後藤象二郎について。

彼は長崎に来る前に上海に行って軍艦を買い付けている。(ドラマでは全く触れていない)

ジョン万次郎が通訳でついていってるはずだ。せっかくこの間でてきたのに今回は出番なし。

後藤は開国派で土佐の保守派からは嫌われている。

吉田東洋の門下生で新おこぜ組と呼ばれ、藩内の身分差別をゆるくし弥太郎のような

地下浪人を引き上げるなど、非常に開明的な人物。

そんな彼だからこそ、龍馬と意気投合する。

むしろ龍馬の方がド肝を抜かれるほど、度量が大きい。

また溝渕広之丞を先週出しておきながら、本来、清風亭の設定は溝渕なのに弥太郎の仕事になってる。

溝渕広之丞と龍馬のやり取りがなければ、龍馬との会談も実現しないはず。

とってつけたような弥太郎とお元との身の上話も、本来なら龍馬とお元の間で交わさないと、

清風亭にお元がいる意味がなくなってしまう。龍馬の隠し愛人なのだから、お元は。

実際、ドラマでは何のために同席していたかわからない。(しかも昼から芸者が晩酌?)

時系列の問題もある。

弥太郎は本当はまだ長崎に赴任していない。

この時系列の問題は今までもあったので、いつも歴史の流れがプッツンと切れて突然の展開になる。

しかしそこは奇跡を起こす男。

問題は軽く受け流し、一件落着。

 

後藤象二郎を悪く描きすぎたせいで、今回は無理やりな展開でおさめてしまったが、

本来ならば、後藤は過去のことを一切話さず、ただ日本の未来の為、龍馬と語り合い、

何度も会談を重ねた結果、海援隊の誕生となってゆくはずなのだが。

長州征伐が終わり、勝海舟と長州の停戦合意、慶喜の将軍就任、公明天皇崩御・・・。

こういう歴史的な出来事がスパーンと抜け落ちて(慶喜は怪奇男か!)、

いきなり後藤が長崎に現れ、俺のこと言うこと聞けっつうのは強引すぎます。

龍馬にしても解散寸前の亀山社中の財政を救う男なわけですから、渡りに船。

小芝居はうっただろうけど、なにもあんな昼間っから会談しないだろうし、まして刀をあんなに

狭い部屋でたくさん出したら後藤と龍馬は今頃血だらけ。

こういう嘘が、時代劇をますます堕落させ、ファンが離れていってるのに。

あー、あとお龍のピストルも駄目!

小曾根邸で、月琴を習ってるんだから、 もう少ししとやかに描けないもんでしょうか。

いくら気が強いからといって、あれはヒドイ。

さらに中岡慎太郎!

この人を何で出さないの?

高杉ばっかりカッコよく描くけど、中岡をもっと出すべきじゃないの?

だってこれ「龍馬伝」でしょう?

高杉は伊藤博文とかを主役にするときに美化してくださいよ。

これじゃぁ、王政復古も岩倉もロクに触れずに、龍馬暗殺までいくな。

龍馬暗殺まで後~日!

来週は「さらば高杉!」

おいおい宇宙戦艦ヤマトかよ~。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

悪天候のため中止

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。