So-net無料ブログ作成
検索選択

ほっと社会館さんのお仕事 [雑記]

昨日も、戸田市の町の駅、かめやさんにお邪魔しました。

そこで、ほっと社会館の人と出会いました。

子育て相談や、講習などの活動を行っているらしい。

ブログもさっそくみつけ、リンクしてみました。

こういうNPOが、戸田にもどんどん増えているんだねぇ。

さて、かめの歩みのように進んでる我が家の改装ですが、

この間、カントリーいちごで買った、ホウロウのポット。

P1070292.jpg

いちごは造花だけど、本物っぽい。このまっ白いポットに絵を描いてみようと思う。

P1070288.jpg

ちょっと、ディズニー絵本が前にでてるが、数だけは増えた英語の絵本。

最近、ブックオフに行っても、入荷がない。

時々、どっと増える時もあるが、古本というより、売れ残り?なのか、

新しいのに、105円だったりする。

早く、英語の絵本の図書館、開きたいな。

知り合いの方で、上尾に児童図書館を自宅の庭にログハウスを作って

公開されている人がいるんだけど、日本語の絵本も増やそうかな。

そんな、夢見るこの頃です。


nice!(0)  コメント(0) 

戸田市にある、”かめや” [雑記]

20130302105944.jpg 

昨日、戸田公園駅の近くにある、”かめや”に行ってまいりました。ここはNPO法人にはまだなっていないようだけれど、まちの駅として、地域の交流場所としてがんばっている。写真をとらなかったけれど、住所は、

≪場所≫ 埼玉県戸田市本町2-5-6 1階
≪電話・FAX≫ 048-431-2744
≪開・閉館時間≫ 毎週火~木曜日:10:30~18:00
            金曜日:      12:00~18:00
            第1・3土曜日:  10:30~18:00

少し、お話をさせていただいたが、どこもそうだが、非営利団体なので経営は苦しそうだ。特に家賃。不動屋さんを介して借りているそうだが、最近、更新料をはらったばかりだそうで、光熱費も馬鹿にならないらしい。

それで、今、自分の家の一階が4月以降に空きそうなので、こういう所に貸そうかなと考えている。かめやさんは、毎日やってるわけではないのだが、子供にとっては、ちょっと立ち寄れる駄菓子屋さんのような存在のお店で、やはり毎日やってもらいたいところだろう。家でなんとか毎日とはいかなくても、5日ぐらいできたらいいなとも思う。

中央沿線のしゃれた街には、こういう店が沢山あるかもしれない。戸田も埼京線が通って人口も随分増えたが保育園や塾は増えても、こういうほっとステーションのような憩いの場所はかえてってなくなってしまったような気がする。昔ながらの銭湯はどんどんなくなり、駄菓子屋も皆無。フリーマーケットも郊外でやってたりするけど、何か街には少ない。

喫茶店も経営者の高齢化とともになくなってしまい、あるのはスタバのようなチェーン店だけ。コンビニなんかは決して子供にとってもお年寄りにとっても、憩いの場とはとてもいえないし、何より、そういう場所を作りたくても、不動屋さんや大家が金儲けの亡者になっているので(本人達は気付いていない)、店一つ開くのも、莫大な資金が必要となる。これは教室を開いて生徒さんに何か教えたいという人も同じだろう。(だから自宅で開業できるECCジュニアなどが人気?)しかしそのようなものも、のれんを借りる以上、マージンも沢山取られる。

そういうことを一気に解消できるような場所を提供したい。

さ、これから始めるぞ。


nice!(0)  コメント(0) 

アメリカはイランと戦争する気なのか? [雑記]


陰謀論

世の中、色々な陰謀が渦巻いているが、
昨年の地震以降、原発の爆発でテレビに出てる専門家やアナウンサーなどが、
いかにインチキでペテンかよくわかった。
それまでも、御用学者などの言葉はあった。
日本人がこの御用学者に騙されたのが、戦後の米悪者論。
米を食うとバカになるとか太るとか。
その米も、細川内閣の時にタイ米を緊急輸入したわけだが、
あれもマスコミや御用学者を総動員して国民を騙した例だった。
アメリカも嘘、ペテンが御用学者や映画などを使って騙すのが常套だが、
過去の戦争もそうだが、戦後ではアポロ計画だろうか。
月に人を送り込む。これはケネディ政権の目玉だったが、ソ連と軍拡競争を
していた時代だから、なんとしても軍事的上位に立つために、
カモフラージュされたのが、アポロ計画だ。
だから月に人が行くか行かないかはあまり重要ではない。
それを人類の偉大な一歩とした。(真の目的を隠す為)
しかし、私はこれを世紀の茶番劇だと思っている。
ケネディの暗殺、同時多発テロと同じく、国民を騙し、戦争へと誘導した。
あのペンタゴンに墜落した飛行機はどこへいったのか?
空襲と原爆と沖縄大虐殺をロクに自国民に未だに教えないアメリカ。
そして今、イランの制裁に日本を巻き込もうとしている。
どうしてもイランと戦争したいらしい。
2012年はマヤ暦によると太陽の周期の終わりらしいが、恐ろしいことに、
アメリカ(その背後にいる古い欧州の貴族か)は、どうしても戦争をしたいらしい。

野田政権がどのように日本を導くのかわからないが(彼はドジョウ以下)、
日本はアメリカとは違う独自の道を歩んだほうがよさそうだ。
そういう意味でも、戦後からアメリカに依存してきた日本の本当の意味での
独立年になるかも知れない。

アポロ計画の嘘。

確かにアポロ計画によって宇宙開発は進歩した。

それは否定しない。

しかし、月に人間が行ったというのはどうなんだろう。

私はアポロは人間を月には送り込んでいないと思う。

これを言うと、捏造論か、もう看破されてると思う人があえて書く。


この捏造論は、最初に誰が言ったか知らないが、捏造したという人の
文章や写真を見ると、(これが茶番なのだが)最初から論破されるような
ことばかり取り上げ、本当に知りたいことについては論証しようとしない。
そして簡単に論破されてしまうと(NASAが回答を用意することがおかしいが)、
捏造論をとやかく言う人は、バカ呼ばわり。
これは福島第一原発での水素爆発をメルトダウンしたからじゃないのかと
疑うと、「これだから素人は困る」といった論調がまかり通ったのと同じだ。

実際にはメルトダウン。さらにメルトスルー。コンクリまで溶かしてる。

これは関東地方から東北まで全民非難レベルなのだ!

話は戻す。

実は捏造論そのもが、NASAの仕掛けた陰謀じゃないだろか。
最初から論破出来そうなものを捏造だと騒がせ(騒いでる人がNASAの回し者)、
そうらみたことか、これだから文系はダメだとか、捏造論そのものを
葬り去る。

しかし、本当におかしいと思う事象に関しては捏造論者は論証しない。


つまり、それは何かというと、月探査船の着・離陸と司令船とのドッキングだ。

月の周回軌道にのって帰るだけなら、あの当時も出来たろう。(ただし無人に限る)

しかし、月に近づくにつれ月の周回軌道にのり(高度310kmから110kmで幅が大きい)、
そこから着陸船を切り離し(速度マッハ7)、減速しながら船を垂直に修正、
うまく月に軟着陸して(これだけでも神業)、さらに帰りは垂直に発射して離陸し、
宇宙待機軌道でで高速飛行している司令船(マッハ以下は考えられない)に追いつき、
一度の失敗もなくドッキングして、地球に帰還!(映像はなぜかyutubeになかった!)
(17号の司令船からの映像があるが、まるで水の中から上昇してきたクラゲのように近づく)
着陸の際は特化されたプログラムで船を水平から垂直にして軟着陸出来たかもしれない。
あくまで、本当にやったとしたらの話だが。
ただし、着陸場所が眼前に迫ってきたら、そこが岩場だったので急遽手動によって、
アームストロングが調整したらしいが(アポロ11号での話)
軟着陸中だから速度も100km台だったかもしれない。
しかし、ドッキングはどのようなプログラミンがされていたのか?
これも最後は手動だったのか?マッハ以上の世界で、手動はありえるのか?
(よく知られてるように、今でも地球から宇宙ステーションにゆくのは大変なのに)
それを今から42年前に、やってしまった。しかも月の周回軌道上で!!!

もしアポロ計画が地球での周回軌道だけで帰ってきただけで、
月にいったのは本当は無人探査機だけだったとしたら、それは可能だ。
探査船は単独で地球に帰還。司令船の乗組員は地球帰還後、催眠術を施す。
しかも地球人を騙すことは容易いことは、同時多発テロの嘘で実証されている。
一番不思議なのは、地球の写真はあるのに、そのほかの恒星の写真がないこと。
せかっく宇宙にいったのに、なぜ月から見える満点の星をとってこないのだ?
なぜか半月上の地球は写っているのに!!

じゃぁ、月に行ってないのに、どうやって石を持ち帰ってきたのだ?と
疑問を持つ方もいるだろう。これは至極簡単だ。
ソ連も無人探査機を送り込んだし、月も持って帰ってきた。月面者も走らせた。
無人ならば可能だ。なぜなら、月に硬着陸させさえ出来ればいいのだから。
(つまり月面衝突。これなら日本もかぐやを衝突させた。)
それだけなら、今ならどの国でも出来る技術だ。
そこで採ってきた石を地球に持って帰ってくることも可能だ。
それはイトカワの砂を持って帰ってきた「はやぶさ」で証明されている。


しかし、有人となるとどうだろう?
着陸や離陸、ドッキングの映像は、いまや嘘くさい映像にしか見えない。
あの当時は凄いと思ったが、月面を車で走る宇宙飛行士の映像はどう見ても
スタジオ撮りだろう。あの月面で一回7時間を3回も!(17号)(大気がなく宇宙線が降り注ぎ、しかも太陽光線は超高温なはずだがあの宇宙服とカメラはものともしなかったらしい)


はたして、あの動画を人間が撮ることは、果たして可能だろうか?

福島の原発以来、専門家の言うことは、怪しい。


nice!(0)  コメント(0) 

テレビはくだらないメディア。 [雑記]

福島原発の放射能漏れは、政府が矛盾することばかり言うものだから、
国民は益々、不安になってゆく。

そんな中、ちらほら聞こえてくるのが、しったかぶりの経済論。
みんな自粛しないで経済まわそうとか言い、遊びに行くよう訴える、
テレビの馬鹿ずらした爺さん婆さん評論家。

この人達は頭が狂っている。
経済は重要と供給のバランスで成り立っている。
需要も供給も地震前とはまるで違うのに、遊んだり焼き肉食べよう!

ならば、福島の牛を食べて下さい。
茨城のホウレンソウ、食べて下さい。
ディズニーランドに行って、ホテルに泊ってください。

日本人が戦後の資本主義思想、つまり拝金思想にまみれてしまい、
国民全員が経済学者にマインドコントロールされてしまった。

経済なんてものは、おれおれ詐欺みたいなものだ。

実態経済を知らない学者が偉そうにテレビで喋ってるのを聞くと、
反吐が出る。

一握りの金持ちの為に、世界中が振り回されたのが、リーマンショック

今年は、無能な政治家の為に、何万人も死に、家を失った。

政府を信じてはいけない。

テレビにでてる人を信じてはいけない。

彼らは、詐欺師だ。

 

 


nice!(0)  コメント(1) 

やじうま根性のフジテレビのニュースキャスター [雑記]

あらためて、危機に弱い政府だ。
原発に追われてるなら、別に東北への物資対策本部など
別に作ればいいのに、子供手当など今、必要のない懸案を
話し合ってる場合じゃないだろう。

その中で、フジテレビの安藤優子、大塚などのキャスター
被災地に日帰りでいったみたいだ。なんの為に行ったのか?
非常に無駄な行為で、しかも食料一つもっていかないで、
避難所や病院カメラスタッフを従えながら、あんたらが
行っても、迷惑なだけ。

東京マラソンの時も思ったけど、自分達が特別な存在だと
思いあがってるんじゃないのか?

テレビで東京電力を批判する資格ない。

現地では今や、生死との戦いなんだから。


nice!(0)  コメント(0) 

朝の連続テレビ小説てっぱん感想 [雑記]

 朝の連続テレビ小説「てっぱん」

「ゲゲゲの女房」を見続けていたので、その流れで見てました。

ゲゲゲの最終週で「てっぱん!」と何度もやられたので、うるさくてしょうがなかったのですが、

大阪制作のドラマだから、また変なの作るんだろうなと思っていましたが、

今回のは想像以上の駄作でした。

以下、感想です。

始まる前は、尾道を舞台にするということで楽しみにしてました。

(それほど尾道に思い入れがあるわけではありません。)

ところが、いきなり謎の老婆がトランペットを2度も海に投げつけるシーンに唖然。

しかも口汚く大阪弁で主人公を罵りました。。

まっくもってこの無愛想な老人とそれ以上にぶっとぶ主人公の行動に???が多く、

全く物語に入れませんでした。

ドラマの設定が出生の秘密で、トランペットを捨てたのは主人公の祖母。

いきなり主人公は自分の家族が血のつながらない家族と知りショックを受けます。

普通なら悲劇のヒロインかと思うのですが、この主人公のその後の行動は理解不能。

高校生活最期のブラスバンドの演奏会を頑張ろうと言って、クラブのみんなに練習を強制。

そのくせ自分は当日、演奏会をドタキャン。

尾道で就職するために会社の面談を優先。

ドタキャンしたくせにみんなに謝るわけでもなく、親友に自分は本当の子供じゃない、

親に恩返しするためにこの尾道で絶対に就職しなければならないんだと打ち明けます。

しかし、その決意も母親に無理してるじゃろと言われ、今度はいきなり大阪で就職する宣言。

もう展開が突飛過ぎてもう駄作の予感。

尾道を発つ日、父は瀬戸の花嫁を号泣しながら熱唱。

これ、船会社の下請けをしてる社長なんですが、娘の旅立ちに立ち会わず、

船の進水式のスピーチ中に歌ったのです。恐ろしいほどの鼻水まじりの音痴。

泣くところなののか、笑うところなのかわかりませんでした。

ここで2週間の尾道の話は終わり、大阪へ舞台は変わります。

就職した会社は入社式にいきなり倒産

お金もないのか、路頭に迷いながらも運よくカツオ節会社に就職。

親に連絡するも本当のことが言えず、友達に連絡する程度。

それでその会社に下宿先を世話され、来たところが、あのトランペットを捨てた祖母の家。

まるで漫画なんですが、祖母はいたって糞真面目。あいかわらず口の汚いばぁさん。

しかし、こんなに重い設定(陳腐?)なのにストーリー展開はザルで大阪ギャグのてんこ盛り。

今後のあらすじは、意固地で口汚い老婆の心を癒し、いつしか祖母とお好み焼き屋を開業していく話。

やっぱり大阪テイスト。

みなきゃよかった。

見た後、どっと疲れるです。

「ゲゲゲの女房」は何度も見返して毎日が楽しかったのに。

この落差は何?

もう来週からは見ません。

朝ドラは来年の春まで待ちます。

 


nice!(0)  コメント(7) 

宇宙人はどうやって地球に来るのか? [雑記]

反重力と言うと、今までアニメSF小説の中の話で、

まともにそんな話をするとオカルト扱いでしたが、

宇宙の膨張速度が加速しているということで、

これはダークエネルギーを考えないと説明できない。

そんな番組をNHK教育テレビでやってました。

ダークエネルギーといい、ダークマターといい、

目には見えないけど、宇宙の70%を占めているという、

この不思議な物質とエネルギー。

しかも、このエネルギーは遠いほど強くなるということで、

この力を利用できれば、恒星間航行が夢じゃない、ということになるのかなぁ。


宇宙人が地球に来ないという人たちの言い分に、この恒星間航行に

光の速度でも時間がかかるから、わざわざ地球に来るような宇宙人はいない。

なんて説明に、ずっと子供のころから違和感があって、19世紀にフランスだったか、

有名な物理学者が機械の重さで空中に飛べないと断言した後、飛行機が出来てしまい、

その物理学者は信頼を失ってしまいました。それと同じで既存の科学が完璧じゃない限り、

最新の科学(特に医学なんか)でも、100%信用はできない。

 

恒星間航行は、2001年宇宙の旅とかでは、モノリスが亜空間の入口になるようでしたが、

ダークエネルギーが反重力の正体としても、果たしてSFのようなワープ航法なのか、

それとも、高速を超えた超光速航法になるのか、宇宙船の中の人間はどうなるのか、

ま、色々考えるのは楽しいです。

(って、いつ実現するのやら)


nice!(0)  コメント(2) 

福山龍馬は三文役者じゃのう。 [雑記]

 「龍馬伝」は最悪の歴史無視ドラマ

出鱈目な台本に出鱈目な演出。

歴史無視のいい加減なドラマ。

感動させようとして、いつまでも流れるBGM。

こういうのを「お涙ちょうだいの三文芝居」って言うんだよ。

そこに福山という大根役者。

もう、息が苦しくなるくらい、へた・・・。

香取よりヘタだとは思わなかった。

福山の演技をほめてる人がいるのが不思議。

あ~、やっぱり日本は演劇後進国。

見てる方もレベルが低い。

内野聖陽さんの坂本龍馬はよかった。

さすが、山本勘助!

役者が変わってくれないかな。

 


nice!(0)  コメント(1) 

浅田真央おめでとう。 [雑記]

注目の女子フィギアが終わった。
放送は今夜だが、ネットでは大騒ぎだ。

詳細はこちら。

http://www.isuresults.com/events/cat00006954.htm

SP

20100328111528.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 FREEhttp://www.isuresults.com/results/wc2010/SEG004.HTM

 

20100328105403.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Legend 
TSS Total Segment Score
TES Technical Element Score
PCS Program Component Score
   
SS    Skating Skills       スケート技術
TR   Transitions           要素のつなぎ
PE   Performance/Execution 実行力/遂行力
CH   Choreography          振り付け
IN   Interpretation        曲の解釈


真央選手が優勝した。おめでとうございます。

しかし、結果から言うと、SPもFRも2位。

SPは長州未来が完璧だったので仕方ないとして、

FRの1位のキムヨナの点は何でしょうか?

ユーチューブで映像を見たが、おおこけあり、回転なしの
ぼろぼろスケート。なのに1位。

ほぼ完璧で、はじめてあの難しいプログラムをこなした真央よりも
点が高い。キムは滑走順が最終組の一組前。

最終組の選手は全員、あのキムヨナの130点越えを疑問に思って、
滑ったはずだ。

今回は真央はSPでキムヨナに8点差をつけていたから、コケない限り、
負けることはなかった。だから見ていても余裕があった。
オリンピックのように、どう滑っても追いつけない点数ではなかった。

しかし長州未来はちょっと違った。
キムヨナと10点の差があり余裕のはずだったが、金メダルを意識すれば、
2点差で真央が追っている。ぜがひでも130点以上取らねば負ける。
そう思ったはずだ。それが緊張として現れた。

結果は7位。
FRだけなら11位。

今回も不可解な点数の付け方。

キムヨナと長州未来。
同じようにこけたのに、点差はこんなに離れた。

rrrrr.jpg

 

 

 

もしキムヨナが長州並みの点数ならば、SPと会わせて合計165点になり10位の成績程度。
実際、そんなものだろう。
もともとSPもぐだぐだで、もっと低いはずだから、20位ぐらいが妥当か。

男子も女子も優勝なのに素直に喜べない。

でも、おめでとう。

 


nice!(0)  コメント(0) 

荒川だけ中止? [雑記]

21日はどうやら荒川市民マラソンだけ中止だったようだ。

他の大会はみな決行。

大会ホームページには以下の文が。

2010/03/21  3月21日に開催を予定しておりました、第13回東京・荒川市民マラソンin ITABASHIは、強風のため中止させていただきました。本大会を楽しみにされておりました参加者の皆さまには、たいへん残念な結果となりましたが、参加者をはじめ、多くの皆さまの安全を確保するための措置であることをご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

 

参加者をはじめ、多くの皆様の安全・・・。

多くの皆様?これは誰を指しているのでしょうか?

実は私は当日、中止を知った上で会場に朝8時半ごろ行きました。

そこに大会関係者はほとんどいませんでした。

テントは破壊されたまま。片づけている様子もありません。

でもランナーはかなり来ていました。

しかし、何か説明しているような雰囲気もなく、ただただ青空が広がるばかり。

どうして大会役員はきていないのでしょうか?(いたかも知れませんが私には見えなかった)

土手はアスファルトは濡れていましたが、もともと木があまり植えていないので、

コースが危険で走れないという状況ではありませんでした。

風も強くて走れないという状況ではありません。

ただ電車が止まっていた。(7時ごろまで)

↓大会当日の朝の風景。(朝8時半過ぎ。雨は完全に止んでいる。)

 

2010032108550000.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来るランナーに説明する雰囲気全くなし。(よく見ると右側に黒服の男3人。役員?)

受付だけは何とか済まそうというランナー達が携帯で連絡している。

この後も続々とランナーは来て、走りだす人も多かった。

中にはゼッケンをつけた人もいたし、フルを走った知り合いもいた。

 

同じ日に立川の昭和記念公園でもマラソン大会がありました。(第20回視覚障害者健康マラソン)

今年は同日だったため、バンバン(伴走クラブ)も二つに分かれました。

http://www.h6.dion.ne.jp/~okimo10/

暴風雨の予報は出てましたから、テントは当日張ったそうです。

私も、大会関係者なら少なくとも前日に幕ぐらいははずすと思うのですが、

大会テントは幕が破れ、無残な姿をさらしていました。

とくに、特設ステージは見るも無残。

中止の情報もHPやラジオ日本ではなく、ツイッターです。

ほとんどの人がツイッターのおかげで知ったのではないでしょうか?

もともとラジオ日本も入らないのですが、規約には大会の縮小、中止の判断についは、

ラジオでと書いてはありましたが、情報の伝達については誠にお粗末でした。

HP自体、つながらないので、せっかくの緊急用のHPも使えませんでした。

たまたま私は家が近いので無駄足にはなりませんでしたが、遠くから来た人たちは、

そうもいかないでしょうから、かなりの人が電車に乗ったと思います。

また大会が縮小される場合について具体的なことは書いてありませんが、

これもどういう意味だかわかりません。

縮小できるのであれば、どういう大会になるのでしょうか?

ともあれ、参加賞を含めた金額が6千円。

参加賞をキャンセルしても5千500円。

ちょっと高いのではないでしょうか?

2万人規模の大会ですから、大がかりになるのはしょうがないとして、

交通整理をする必要もない河川敷の大会で、なぜにここまで高いのか、

今回のことでおおいに疑問が生じたのでした。

大会中止に至った経緯を送付するとのことですが、よく読んでみたいと思います。

大会中止になったことはしょうがないとしても、2万人のランナーが泣いたわけですから、

それなりの文章を期待します。

遅くなりましたが、ボランティアなどに参加される予定だった皆様、

どうも御苦労さまでした。


nice!(3)  コメント(2) 
悪天候のため中止

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。